四兄弟仲良くできるよう幼い頃受けた両親の子育て論について

By 仲野孝明 2018-01-13

姿勢が変わると人生が変わる

第83回 : 四兄弟仲良くできるよう幼い頃受けた両親の子育て論について

早いもので、2017年も終わりますね。

毎年、本院のある四日市の実家へ帰省します。

同じ仕事を生業としている兄弟も、極力集まって過ごします。

 

家族のグループLINEを作っているので、

普段から動画を上げたりよく話したり、

近況をわかっているため、昔よりも久しぶり感がないかも。

1c36b073a6855adbe8ae01ce68530db9_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝をみんなで見ながら、ついつい話は体について。

テレビであれだけていねいに選手が映るので、

「このフォームなら、まだ動けそう」「左右対称じゃないね」

などと盛り上がり……職業柄ですね。

 

仲野家には昔から、暗黙の兄弟ルールが存在します。
兄弟仲良くできるよう、両親の子育て論がありました。

 

“長男は長男らしく育てる” という方針からか、

鯛の尾頭付きが食卓に出た時は、いつも最初に食べることを許されました。

 

クリスマスや誕生日のホールケーキにもルールが。

家族の人数が多いので、なかなか切り分けが難しいのですが、

温めたナイフを渡されてカットするのは僕でした。

子供が切るのでどうしてもサイズの差ができてしまいます。

そこで、好きなものを順番に取ってゆくのは、弟から。

「何が残るかが、あなたの力ですよ」と言われて育ちました。

 

男四兄弟の関係性がはっきりしているのではないでしょうか。

今でも、兄弟で一緒にご飯を食べに行くと、

必ず年上が全部おごります。弟は財布を開くことがありません(笑)

 

お正月は実家で3食しっかり食べるので、

食事回数が通常よりも増えます。

そこで、より運動する頻度をアップしようと心がけて、

1日に15㎞近くは走っている感じですね!
思えば2017年は、何と言ってもアタカマ砂漠でした。

1年がかりのトレーニングは積んだものの、

思ったよりも好成績で本人がビックリ。

「自分にもできるんだ!」という実績が1つ固まった感じです。

これぞ、新しいことに挑戦したからこその発見ですよね。

そして思うことは……「みんな、できる!」

 

【ポイント】

2018年の抱負。

「挑戦したい」と思っている皆様のサポートに尽力したいです。

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第83回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m