受験シーズン到来! 快眠(寝具と枕)と集中力について

By 仲野孝明 2017-02-19

姿勢が変わると人生が変わる

36回 : 受験シーズン到来! 快眠(寝具と枕)と集中力について

 

いよいよ、学生の受験シーズン真っただ中ですね。

また、資格取得に向けて、挑戦中の方もいらっしゃるでしょう。

今回はとても大切な“睡眠”についてお話します。

 

●“早寝・早起き”が鉄板。睡眠時間は先にキープ

 

眠気と闘いながら、深夜12時まで勉強し、

つらい朝を迎えるよりも

早寝を心掛け、朝早く起きて勉強するほうが

間違いなく効率がよいのです。

間違っても、眠りを削ってはいけません。

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

 

 

 

 

①睡眠時間を先にキープした後、

やるべきことをタイムマネージメントしましょう。

②<脳の記憶は24時間以内の再現で定着>しますので、

前日にやったことを翌朝必ず復習しましょう。

さらに1週間後に再確認します。

 

   硬めの寝具が基本

 

サハラ砂漠で参加したマラソンレースで

「どこでも寝られることが、人間にとって大事なんだな」

と実感してきました。

 

柔らかすぎる寝具では、寝返りが減ることで寝苦しくなります。

オススメの硬めの寝具で

寝返りを繰り返し打っても、熟睡できている状態が本来のもの。

 

● 枕の役目は、首のカーブを支えること

 

枕は頭を支えるものではありません。

 

    上向きで寝る時は、背骨のS字湾曲によってできる

首下のスペースを埋めます。

    横向きで寝る時は、肩と顔の間にできる首下スペースを埋めます。

肩がある分、上向き寝よりも高い枕がよいですね。

 

   集中力を高めるために

 

    覚える作業は、立って歩きながら。空間を変えるのも◎。

    前のめりになりがちなので、背伸びストレッチが有効。

    血液循環がよくなります。15分走って息抜きを。

 

【ポイント】

快眠のコツがわかれば、集中力もアップすることができる。

勉強中の姿勢は、同じ状態の姿勢でい続けないこと!

   

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第36回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m