壱岐さん、仲野整體東京青山 姿勢治療家Ⓡの治療を初体験‼

By 仲野孝明 2018-04-11

姿勢が変わると人生が変わる

第97回 : 壱岐さん、仲野整體東京青山 姿勢治療家Ⓡの治療を初体験‼

 

いつも番組をご一緒している

ナビゲーターの壱岐さんが仲野整體東京青山に来院。

百聞は一見にしかず。

実際に治療を体験していただきました。

 

仲野(以下:仲) 壱岐さん、どうされました~?

壱岐(以下:壱) 右足の内側に痛みが出てきちゃって。

 

訴えは足首についてですが、お腹を診て、背中を診て。

全身をチェックします。

 

nakanoA-027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壱:先生が「あぁ~~」と一言。忘れません。もしや問題あり?

仲:ハハハ、想定内です(笑) 背骨周りの筋肉が固いですね。

 

右に首が回らない、股関節が動きにくい、足裏の真ん中が固い。

そのような症状が見受けられました。

 

壱:治療を受けてから“10代の時のような体の動かし方にしたい”

という明確な目標を持ちました。毎日ストレッチしています。

仲:そうそう、気づいてもらうことが大事なんです!

 

初診時に“体の取り扱い説明書”となる小冊子をお渡しします。

予防方法を伝え、メンテナンスを継続、身につけるための教科書。

患者さんお一人お一人に合わせて、カスタマイズしてゆくものです。

 

壱:ストレッチの日付を書いています。

シンプルですが、あるとないでは大きく異なりますよ。

褒められたいモチベーションが出てくるというか。

仲:当院では10年ほど使い続けていますね。

冊子は完成形ではなく変化の途中で。

壱:頑張ると、色のステージが変わってゆくのもいい!

まだ赤ですけれど、ゆくゆくはプラチナを目指します。

 

先に集中するために、

人間の体は良くなったことを忘れるものです。

どの時期に体をどう使っていたか、がわかると、

生きてきた歴史を振り返ることもできます。

体の年表ですね。

 

臨床をしていると、患者さんの体の変化には
mm単位で気が付きます。
時間はあっという間に過ぎますよ。

楽しいから集中して、ご飯を忘れることがあります(笑)

 

【ポイント】

治療を受けてから、首を右に回しやすくなった壱岐さん。

また、日常生活の体の動かし方に変化が出てきて、

足を組まなくなったそうです。

nakanoA-003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第97回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m