足指で掴む力‼ 衰えていませんか?

By 仲野孝明 2018-04-11

姿勢が変わると人生が変わる

第92回 : 足指で掴む力‼ 衰えていませんか?

35才の男性リスナーさんから質問をいただきました。

Q:
高校生の頃から偏平足です。

①成人になっても偏平足は解消できるのでしょうか?

②「イチローや陸上選手など運動強度が高い人は、

足裏の筋肉がつき過ぎて、偏平足に見えているだけ」

また「偏平足だと足指の力が弱い」と聞いたことがあります。

私の足指は、人の髪を掴んで引き寄せられるほど強いですが、

実は偏平足に見えているだけなのでしょうか?

(ラジオネーム 愛知県 さとしさん/164㎝ 60kg)

(運動歴:合気道や居合道、空手。現在はランニング、ヨガ)

 

c06d704ff6a6bf9e7f5a71c22dd69624_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A:

濡れた裸足での足跡を見た時、土踏まずがペタッとつく。

これは偏平足の形状です。

 

聞く限りリスナーさんは、かなり力がありそうな足ですね。

きっと瞬発力もあるのでしょう。

偏平足というのは形状の区分だけの話なので、

なんら気にする必要はないです。

 

実は私も偏平足気味ですが、
砂漠を250km走っても足は問題なく使えましたよ(笑)。
それよりも、今お持ちの“掴んで引き寄せる”力を

引き続いて維持する事が大切です。

健康の概念からいうと、

“踏ん張れる=長く立てる=自分の足で歩ける時間が長い”。

踏ん張る動作ができる足は、魅力的なのですから!
小指まで力が使える足は、バランス感覚が◎です。

手と同じように足の爪が5つしっかり正面を向いており、

上から見た時に5つとも見えているはず。

 

逆に、小指の爪だけ中に入っている、曲っている、小さい等の人は

グリップ力がなくなってきています。

ボールペンを床に置いて、足指で掴んで引き寄せられますか?

 

なかなか自分の足をじっくり見る機会は少ないと思いますが、
意識して観察してみるといいですね。

 

【ポイント】

経験上ですが、

幼少期の裸足の時間は大事です。

アーチや偏平足に影響があると思います。

「指先があたるよ」と子供は言わないので、

靴のサイズも大人が気にしてあげるべきでしょう。

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第92回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m