年末年始の長距離移動で気を付けるポイント

By 仲野孝明 2017-12-29

姿勢が変わると人生が変わる

第82回 : 年末年始の長距離移動で気を付けるポイント

年末年始と言えば、帰省が楽しみですね。

しかし、飛行機や新幹線、車など

長時間同じ姿勢での移動を余儀なくされる方も多いはず。
移動時に気を付ける、ちょっとしたポイントをお伝えします。
正しい座り方の基本は、座骨を立てて、深く!

シートを寝かせてはいけません。

4ffbe49c42ba983fb519bb65b9e5700d_s

 

 

 

 

 

 

 

 

<新幹線>

疲れてくると、途中で足を組みたくなったり、

気づいたらもたれていたりするものです。

そんな時は立ちあがって、1回姿勢をリセット。

僕は可能ならば、立ちやすい通路側の席を予約しますよ~。

 

<飛行機>

エコノミークラス症候群が怖いですね。

血栓ができるリスクを減らすために、

水分補給をしっかりしましょう。

トイレに行く回数を気にして、水分を控えてはいけません。

 

ドイツによく行かれる心臓の先生に聞いたのですが、

アスピリン(処方箋が必要)を飲むと、

高い気圧の環境下でも、血液のリスクを解消できるのだそう。

 

<車>

新幹線や飛行機と比べると、座骨を一番認識しづらいのが車。

そもそもシートが柔らかいうえ、座り心地は

運転席、助手席、後部座席によっても異なります。

車種によっても微妙な違いがありそうですね。

 

僕は運転中、無印良品のネッククッションを腰に入れたりします。

上着やトレーナーで強制的に起こすのも◎。

アメリカの“バックハガー”(販売:江崎器械)という

腰椎サポート商品もおススメです。

坐骨意識を強化するための道具は様々売られています。

上手に取り入れるとよいですね!

 

移動中に疲れない「正しい姿勢」で、

年末年始を素敵に楽しめますように。

 

【ポイント】

両脇に人がいるときのストレッチ

①手の甲を手前にして組み、体の前から上へゆっくり上げる。

(お腹が引きあがる感覚)

②腕に耳がついたら、両肘を持って体を左右に動かす。

気持ちいいですよ。お試しあれ。

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第82回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m