整体と整骨院、接骨院の違い

By 仲野孝明 2017-04-17

姿勢が変わると人生が変わる

43回 : 整体と整骨院、接骨院の違い

曾祖父の時代から続く“仲野整體”。

大正15年の創業時、日本には国家資格がありませんでした。

当院では現在も、“整體(整体)”という屋号をそのまま使っておりますが、

柔道整復師の国家資格保持者のみが治療を行います。

 

医療には、様々な資格があります。

<接骨院や整骨院>を開業するためには、柔道整復師の資格が必要です。

これは国家資格なので、

指定の学校で2400時間以上学習し、試験に合格しなければなりません。

 

nakanoA-003

 

 

 

 

 

 

解剖学や生理学、薬理学などを学ぶため、

様々な症状を分析することができます。

 

例えば腰痛ひとつをとってみても……

「動いている時だけ腰が痛むのです」

「安静時にも、腰が痛むのです」

この2つは原因が異なることが。

危険だと判断したら、すぐに適切な医療機関へ紹介ができるわけです。

 

ところが、<整体>には正式な国家資格がありません。

民間資格であるがゆえに、

“手技の集大成”“体全体をトータルに診る”

といった定義にもあいまいな面が。

 

<カイロプラクティック>も同様です。

 

カイロプラクティックの本場であるアメリカには、

ドクター オブ カイロプラクティック( DC )という資格があり、

筋肉骨格のプロとして医学の法的認知が与えられています。

(本院院長、仲野整體NYの弟は有資格者)

 

しかし、日本には法律がないので、

ほんの数か月で開業できてしまうのが現実です。

だから町中にたくさんあり、玉石混交だと言えるでしょう。

 

体に触れる職業でありながら、

技術の差は大きくあります。

 

行かれるときは

①信頼できる人の紹介がベスト。

②自分の目的に応じて選び、ニーズをしっかり提示。

漠然とではダメです。「治したいのか」「しのぎたいのか」で違ってきます。

 

【ポイント】

“治療院”と看板を掲げていても、有資格者とは限らない。

また、国家資格を持っている人が治せるとも限らない。

どの技術も、時代とともにアップデートが必要です。

どういう先生なのか、ネットで情報を集めるのも手。

 

 

 

   

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第43回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m