肩こり首こりを激減させる姿勢

By 仲野孝明 2017-03-19

姿勢が変わると人生が変わる

42回 : 肩こり首こりを激減させる姿勢

「肩こり首こりを激減させる姿勢を教えてください!」

男性リスナーさんからのご質問です。

 “激減”とは……かなりお困りのようですね。

 

では、お答えします。

ズバリ、「なぜ、なったか」がわかれば簡単です。

 

肩こり首こりを感じていない方の姿勢を真似すればよいのです。

ポイントは、正しい姿勢。

あなたの<頭の位置>はどこにありますか? 

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

 

 

 

 

 

 

けん玉、を思い浮かべてみてください。

赤い玉を人間の頭として、

けん先の棒にピタッと刺さるようにいつもいれば、

肩こり首こりにはなりません。

 

人間の頭って、ボーリングほどの重さがあるんですよ。

その重さを真ん中で支えていれば、負担はかからないのです。

ところが、

頭が前にずれていると、その周囲の筋肉が全部持っていかれながら、

体が全体のバランスをとるべく頑張るじゃないですか。

倒れないように……頭が前なら、背中は後ろに。

カーブに応じて背中も丸くなるというわけ。

 

リスナーさんは、デスクワーカーではないでしょうか。

実は腰や背中の痛みなど、ほかの要素もあると想像します。

 

まず、座骨を座面に当てて座り、背伸びで体を引き上げましょう。

頭が骨盤の真上に乗っているような状態であれば、

正しい位置だと言えます。

 

さらに、

デスク周りの環境を、体に合わせて改めましょう。

ノートパソコンは持ち運びができて便利ですが、

背中が丸くなり、首こりへの道まっしぐらなアイテムです。

ぜひ、外付けのディスプレイ台の購入をおススメします。

 

経営者の方ならば、

働く社員のことを考えて、職場環境の改善に取り組んでほしいです。

それこそが、個々の生産性や精度を上げ、

経営の可能性をも広げることにつながるはずだからです。

 

【ポイント】

痛みを感じている時、パフォーマンスも下がっています。

姿勢を見直し、体に合わせて環境も改善。

毎日できることから少しずつやってゆきましょう。

 

 

   

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第42回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m