出産後の骨盤のゆがみや体の不調

By 仲野孝明 2017-03-13

姿勢が変わると人生が変わる

39回 : 出産後の骨盤のゆがみや体の不調

“出産”という大仕事を終えた後、

体の不調を感じる女性は少なくありません。

よくうかがうのは、

骨盤のゆがみ、ぽっこりお腹、猫背……といった変化。

「体がゆるゆるになった感じ」との声も。

 

そのようなお悩みをもつ方々には、共通の傾向をお見受けします。

 

それは

昔から、そして日常的に

『あまり運動をしていない』ということ。

運動習慣がない方が多いのです。

 

de035fbff811e2eacc14d2276101a60b_s

 

 

 

 

私の祖母の時代には、8人兄弟が珍しくなかったそうです。

そんな昔の時代をイメージしてみましょう。

洗濯機も掃除機もない環境で、家事と育児を行っていました。

洗濯板を使って、かがんで手で衣類を洗う。

帯をしめた着物スタイルで、雑巾をキュッと絞り、床をふく。

毎日、しっかりと基礎体力をつけていたのです。

 

便利になった現代社会では、ボタン一つであらゆることができてしまいます。

楽になった分、体を動かすことが少なくなってしまいました。

運動習慣は、産後の状態に影響を及ぼします。

 

妊娠がわかり、病院で「大丈夫!」と言われたら

一生懸命歩きましょう。

 

産後は、姿勢を起こすことを心掛けましょう。

抱っこをする時も、ベビーカーを押すときも、ご飯を食べさせる時も、

その場その場で、正面を向いた姿勢をピシッとして。 

これだけでじゅうぶんトレーニングになります。

 

体を曲げて使っていると、ゆがみは誰にでも出てくるものです。

ゆがみを治そうというよりは、

ゆがんだ体の使い方を改めようと思うべきですね!

 

※おすすめのストレッチは、胸を開く“バルーンストレッチ”。
簡単で、猫背の改善に効果的です。

著書『一生「疲れない」姿勢のつくり方』98をぜひご参照ください。

 

【ポイント】

姿勢を起こして、体をまっすぐに使うことが大事です。

人目を意識する気持ちで背筋を伸ばしながら、

とっさに動ける歩きやすいシューズをはいて、

公園でお子さんと楽しい時間を過ごしてみては?

 

   

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第39回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m