仕事と姿勢の考え方

By 仲野孝明 2016-11-02

姿勢が変わると人生が変わる

第21回 : 仕事と姿勢の考え方

 

みなさんはどんな姿勢で仕事をされていますか?

 

体をいかに意識するかで、気分を変えやすくなります。

効率アップに有効な、姿勢戦略を考えてみましょう。

 

実は、人間は立っているときのほうが集中できるものです。

限られた時間内に一気に作業を進めたいときには、スタンディングスタイルがおすすめ。

逆に、考える仕事には座った姿勢が向いています。

 

パソコン作業、とひとくくりにせず、

「メールの処理」→立って行う

「表・文章作成」→座って行う

というように、環境面を変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

 

他にもいくつか提案があります。

 

  メール返信にスマホを使わない

 

スマホやタブレットが普及している今、

会社外でも時間外でもメールで仕事ができますよね。

しかし、小さな画面を見て長時間メール作成をするのは効率がよくありません。

見ることは見るけれど、返信は帰社もしくは帰宅してからにするのはいかがでしょうか。考えておいた内容をキーボードで入力したほうが早いですよ。

 

  忙しいからこそ、電話をもっと活用する

 

“電話をすれば12分ですむことを、20分かけてメール返信”

なんてこと、心当たりはありませんか?

仕事は相手とのキャッチボールという側面があります。

電話なら、打ち合わせも調整も格段に早く終わり、そのうえ喜ばれることも。

メール返信が本当に必要かどうかを吟味してみてはいかがでしょうか。

 

  座りっぱなしのデスクワークが長時間続く場合

 

1時間に1回は席を立つことをおススメします。

むずかしければ、グッズをうまく利用するのも手です。

ムービングディスクは、空気の入ったビニール製の円盤型。

イスの上に敷いて座るとフワフワと不安定なのですが、

腰を前後左右に動かすことで、自然にバランストレーニングができます。

 

<仕事への取り組み姿勢>

『自分は何のために仕事をしているのか?』

時折、自問自答してみましょう。

僕が姿勢を伝え続けているのは、相手の人生が変わる一助になると信じているから。

自分がこれだと思うこと=自分の姿勢、と言えるのです。

 

【ポイント】

仕事に取り組む際の、心と体からの姿勢アプローチ。

そこには、格段に生産性をアップできるコツがあります。

 

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第21回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m