かくれ猫背タイプ

By 仲野孝明 2016-11-02

姿勢が変わると人生が変わる

19回 : かくれ猫背タイプ

 

 

残念なことに、まだ世の中の常識までにはなっていませんが、

姿勢の悪さが体のあらゆる部分に悪影響を及ぼすことは

確かです。

 

なぜって

姿勢が悪いと、脳からの神経伝達がうまくいかないから。

 

意識せずとも胃や腸などの内臓器がきちんと働いてくれるのは、

脳のコントロールによるものです。

足の裏の感覚も、脳が認識しています。

その回路は、背骨の中にあります。

脊髄と呼ばれる神経の束で、脳から各部へつながっています。

 

悪しき姿勢によって背骨が曲がる = 脊髄が圧迫される

これでは、指示が100%の状態で伝わらなくなってしまいますよね。

 

90ba8532d57ac9fad4f2de46857e6b9a_s

 

 

 

 

 

 

「背中が曲がっていてカッコ悪い」といった見た目だけではなく、

内部への影響も大いにあるのだ、とイメージしてみてください。

ふまえて、体の使い方から直していきましょう。

 

このたびのテーマ <かくれ猫背タイプ>は、

パッと見の姿勢はいいのですが、首だけが前に曲がっているのが特徴です。

よくない姿勢3タイプの中では少数派。

 

●原因

スマホ(スマートフォン)を見る、本を読むなど

下を向いて低い位置のものを見ることが多い人がなりがち。

長時間のこの姿勢が、首に負担をかけているのです。

ノートパソコンのヘビーユーザーも注意が必要でしょう。

 

●症状

さわると首のカーブがなだらかではなく、ポコッと盛り上がっていたりします。

肩や首のこりに悩まされ、ひどくなると首のヘルニアになることも。

「急激に視力が落ちた」との訴えも聞きます。

 

●対策

壁に背中をつけた時、

“かかと・おしり・背中の肩甲骨・頭”がピタッとつきますか?

この正しい立ち方をひんぱんに確認しましょう。

会社のエレベーター内で必ずチェック、などの工夫を!

 

【ポイント】

「猫背ですね」と言われることはないけれど、

実は首が曲がっている <かくれ猫背タイプ>。

頭の位置、首の角度に日々気を付けてほしい。

 

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第19回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m