柔軟な足首を手に入れる最強のストレッチ

By 仲野孝明 2016-09-29

姿勢が変わると人生が変わる

15回 体の車検④【正座】 : 柔軟な足首を手に入れる最強のストレッチ

 

 

私は仕事柄、うまく歩けなくなった患者さんの足をたくさん診ています。

あらゆる年代の方がいらっしゃいますが、

動かなくなってゆくプロセスの初期シグナル、

それが

<正座ができない>

ことです。

 

ドキッとした人も多いのではないでしょうか。

日本文化でありながら、機会もめっきり少なくなった昨今。

早速、やってみましょう。

d2be629273670149dc1880c94174a4ac_s

 

 

 

 

 

 

<正座チェック>

    膝をしっかり曲げていますか

    足首は伸ばせていますか

    自分の体重を乗せても痛みはありませんか

 

「膝は完全に曲がっている」「足首は完全に伸びている」

この2つの状態が同時に行われているのがポイントで、

 

足の筋肉が硬くなっていると、正座はできません。

しなやかさと柔軟性が失われ始めている、体からの警告なのです。

 

すぐにというわけではありませんが、

杖を必要とする時期が早く訪れ、

最終的には歩ける年数が減ります。

 

例えれば、ロボットのようなもの。

足首が硬いとふんばりがきかず、不整地があったら、つまづきそうですよね。

 

  11回の正座を習慣にしましょう!

 

入浴後がオススメ。左右に体重をずらすだけでも、よいストレッチになります。

 

  意識して手入れを行い、はだしに近い、動く感覚を取り戻しましょう!

 

そもそも現代人は靴のせいで、足の機能が退化しています。

靴下を選ぶなら、五本指ソックスを。

靴は指先のスペースに余裕があるものを。

足のトラブルは小指から起こりがち。触れて、しっかり伸ばして。

 

普段からの心がけは、足の機能を取り戻すきっかけになります。

そうすれば間違いなく、人生最後の数年間の体の動きを変えることができますよ。

 

【ポイント】

足の状態を、“正座”で簡単チェック。

体を見直す時間は、人生を見直す時間である

 

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第15回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m