スマートフォンの使用と首の不調について

By 仲野孝明 2016-08-31

姿勢が変わると人生が変わる

第13回 スマートフォンの使用と首の不調について

 

 

「スマホを使い始めてから、

首を左右に曲げると骨がポキポキ鳴るようになりました。

なんとなく弱い痛みもあるような感じで、しっくりきません。

改善できる方法はありますか?」

 

ラジオリスナーから、このような質問がよせられました。

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

 

 

 

 

 

 

関節って、骨と骨が合わさっているもの。自由自在に動くもの。

正しい状態にある場合には、

前後左右どの角度で動かしても、音が鳴ることはありません。

ところが、

いつも一定方向に傾いた状態だけで使っていたりすると

必要以上に負荷がかかり、反対側への可動がしにくくなってしまうのです。

 

リスナーさんは、

関節が正しい状態で働いていないのではないか、と推測できます。

毎日、間違った位置でスマホをいじっていることが原因でしょう。

 

7個の骨が順番に組みあがっている、首。

本来はひとつひとつの動きや角度が正確に決まっています。

 

しかし、いつも悪い姿勢でスマホを使用していると

首の7つある関節のうち、上2つ下3つが動かなくなることが!

そうすると、仕方なく、真ん中だけで動かさざるをえませんよね。

7個がそれぞれの動きをしない、そんな時にポキポキを招きます。

 

耳の後ろを引き上げる意識で背伸びをして、目線の正面にスマホを。

これならば、首に負担はかかりません。

 

  • スマホから目線を左右に外した時に、何が見えますか?

 

自分の靴が見えたなら、間違っています。

二階の看板や、ホームの駅名標、目の前にいる人の顔が見えたらバッチリ!

 

  • スマホを持つ手と反対側の手を、わきの下に入れて支えましょう。

 

「電車の中でつり革が持てない」「画面が周りの人に見えやすい」

といった弱点はありますが(笑) ぜひお試しを。

 

  • 目線を遠くへ。遠くのものを見る練習をしよう

 

近くばかりを見ていると、目は疲れ、視力は低下します。

思い切って、通勤時はスマホをやめませんか。

長く体を使うためには必要なことかもしれません。

 

【ポイント】

下向きでスマホをいじることは、首に多大な負担をかける。

<写真付きの回答ブログ>
http://ameblo.jp/nakanoth/entry-12180100403.html

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第13回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m