体が均等に左右動いているかチェック

By 仲野孝明 2016-08-31

姿勢が変わると人生が変わる

第11回 体の車検②【横を向く】 : 体が均等に左右動いているかチェック

 

 

『体の車検』は、いわば、人間ドックの“筋肉&骨格バージョン”です。

 

痛みや不調が出てからでは、

結果的に、その治療にたくさんの時間が必要となってしまうから

……大切なのは、早めに“動かなくなっている”現状を知ること!

 

今回は<首を左右に向けてのチェック>をご紹介します。

 

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

 

 

 

 

①壁に背中をぴったりつける

②肩を動かさずに、左側を向く(その時、後ろに見えている景色を覚えておくこと)

③正面に首を戻す

④今度は同じように、正面から右側を向く

 

どうでしょうか?

「後ろが見えない」「片側を向きにくい」などはありませんか?

 

例えば「左の動きがよい、右を向きにくい」と感じた人の場合

  • 食事中に左斜め側にテレビがある
  • 作業するPCモニターが左に置いてある
  • 右側に嫌な上司がいる。なんとなく、背中を向けているのかも(笑)

 

などといった

「言われてみれば……」と思い当たる、動作のクセがあるはずです。

 

近年の生活を著しく変化させた、パソコンの出現も大きな要因となっています。

 

デスク環境を正しく設定すれば、意識しなくても体はそこに合わせるもの。

背伸びするように姿勢を上にグッと伸ばし、

ひじが直角になる位置にマウスやキーボードを置きましょう。

パソコン画面は台に乗せるなどして、目線の高さまで上げること。

 

どうしても下を向いてしまうノートパソコンは、

“あくまで携帯用”と割り切って使わないと、体が壊れてしまいます。

キーボードとマウスを外付けにすれば、

間違いなく首にやさしいレイアウトになりますよ!

 

環境をアレンジして、体を均等に使う工夫をしてゆきましょう。

 

シリコンバレーで最先端のITに携わっているビジネスパーソン達は、

猫背にならぬよう、すでに立って仕事をし始めています。

 

【ポイント】

知らずに、体をねじった生活をしていないだろうか。

体を変えるために、

気づいたことはすぐに修正し、いいことはどんどん取り入れよう。

 

 

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第11回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m