構造:骨と筋肉が姿勢をつくる

By 仲野孝明 2016-07-13

“成功する姿勢力”につながる、6つの健康要素(6Health)。

【構造】【睡眠】【食】【運動】【呼吸】【精神】の中から、
『構造』について

 

わかりやすく言うと、骨格や筋肉のことを指します。

治療をする我々にとっては、一番の得意分野ですね。

まず患者さんの体の構造を分析し、その方の“これまでの生き方”を見ます。

65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_s

まったく大げさではないんですよ!

 

骨格には、その人の歴史が全部現れているのです。

 

小学生の時に足をねん挫した結果、膝の動かし方がちょっと変わってしまった

とか

勉強机に向かう時、いつも斜めに座るくせがあった。

よって背中が曲がった。

結果、現在、肩の痛みに悩んでいる

など

 

痛みの一番の根っこにあたる原因を、構造からひもとき、時間軸で探ってゆきます。

“間違った体の使い方”を拾い上げてからでなくては、痛みを取ることはできません。

 

体をより正しく使えるようになる提案をします。

 

安全に走り続けるために、定期的な車検を義務付けられている、車。

これになぞらえて、まとめてみました。

 

<健康で老けない体をキープするために姿勢治療家(R)の認定施設では>

  • 構造という視点から定期的にチェックする→【からだの車検】
  • 動きが悪くなった場所をメンテナンスする→【修理工場=治療】
  • どうやって正しく使えばいいのか、を学ぶ→【からだの教習所】3つのシステムにより、眠っているカラダのパフォーマンスを引き出しています。

 

つまり、きちんと動くための手入れをする時間を取ることが大事です。

日々の積み重ねで、人生が変わります。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第2回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m