体を変える一歩は、『姿勢への気づき』

By 仲野孝明 2015-03-24

洋服を買いにいった鏡

知らずにとられた写真
反射する鏡に素の自分を発見したり
「気のぬいている ふとした瞬間に」

自分の姿を見て
「あれっ!?」自分のイメージと違う!!と
気付いた瞬間はないでしょうか?

良い方に気づきがあった場合は良いのですが
なんか疲れているように見えたり
思いのほか姿勢が悪かったり。。。。写真撮影

【体を変える第一歩は『姿勢への気づき』】

いまのあなたの体は、
毎日の積み重ねでできあがったもの。

もしも悪い姿勢になってしまっている場合
それを治すのも、ほかの誰でもなく、
あなた自信です。

だからこそ、自分の姿勢を客観的に
見る事が、体をよみがえらせる第一歩なのです。

【身近な人に写真をとってもらおう】
客観的な視点をもつためには、自分の立ち姿を
写真に撮ってみるのがベスト!!

家族や友人などにお願いして、
前、横、後の姿をとってもらいましょう。

そのときに
無理に胸を張ったり、おなかをへこませたり
せず、いつもの姿勢を撮ることが大事です。

自分を飾らず、ありのままの姿を見せましょう。

【日頃のくせを人に聞いてみる】
写真ではどうしてもよそいきの姿勢になって
しまうという人は、家族や友人などに、自分の姿勢の
クセを聞いてみるのもようでしょう。

周囲の人は、あなた以上に、
あなたの姿勢のクセを知っているもの。
「肩の一方が下がっているとか」
「歩く時のひざが曲がっているとか」

きっと教えてくれるはずです!!

そして教えてもらったら
ショックを受けるのではなく
その時から改善される一歩を踏み出したと
喜んでくださいね。