運動を続けるためのコツと楽しむための体の使い方

By 仲野孝明 2018-01-15

姿勢が変わると人生が変わる

第85回 : 今年も「正しい姿勢」で体のパフォーマンスを引き出しましょう!!

「今年こそは、気持ち新たに運動を始めたい!」

そんな声をよく耳にします。

でも継続するって、実はそう簡単ではないんですよね。
コツは“パターンを決めること”。習慣化です。

「お風呂上りはストレッチ」というように、

生活に組み込んでしまいましょう。

考えずとも、自動的に回る仕組みにする。これが大事です。

b11902a9d314b11ab37b31177f2790ed_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「今年は走るぞ!」と決意したあなた。

まずはハードルを上げず、<歩く>ことからスタートしましょう。

最初から<走る>目標を掲げると、

「苦しい」「痛い」「大変」という思いで挫折しがち。

嫌な方につながったら簡単にやめてしまいますよ。

週に3回、1日30分でかまわないので、

歩く時間を確保し、「もう少しやりたいな」くらいで終えます。

徐々に小走りを入れてみて、「楽しかった!」気持ちを残します。

 

半年続けられたなら、今度は目標を作るといいですね。

モチベーションを継続するために、

とりあえず大会にエントリーしてみてはいかがでしょう。

 

ウォーキング、ジョギングもしかり、

足の力を抜くことが、負担を軽減するために一番大事です。

どこで着地しよう、などと考えず、リラックスし膝下から力を抜きます。

すると自然にミッドフット(真ん中)で着地するのです。

 

歩きながら走りながら、

身長を引き上げるように背伸びも意識してみて下さい。

掌を体の前で組み、そのまま上にぐっと伸ばす。

力を抜いて体側に下ろすだけ。

体幹が自然に締まって、本来の体の使い方ができます。

 

最後に小さなことですが、靴ひもの結び方について。

穴に対して上から通すと、力が入りやすく、しっかり引っ張れます。
下から通すと、遊びができてしまいます。

 

本来、かかとが合っていて、足首が止まっていれば靴は脱げません。

靴を履く際に大事なのは、かかとがぐらつかないことです。

参考にしてみて下さいね。

 

【ポイント】

継続のためには、日常でパターン化すること。

次に、この先やりたいことを1つ決めて目標にすること。

先に計画し予定を組んでしまうのがいいですよ。

アイアンマンレース参加を決めた僕は、

練習よりも先にまず、日程確保とホテル予約を済ませます!

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第85回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m