【挑戦報告】チリアタカマ砂漠マラソン

By 仲野孝明 2017-11-14

姿勢が変わると人生が変わる

第75回 : 【挑戦報告】チリアタカマ砂漠マラソン

 

応援いただきました皆様に感謝です!

 

10月1~7日、“世界一過酷な大会”といわれる

チリのアタカマ砂漠マラソン(標高3200mで250km)

を無事完走いたしました。

 

42時間38分22秒。

参加者100人(うち日本人15人)におきまして、

世界22位、日本人2位の記録でした。

2が並んでいて、実にゴロがいいですね~(笑)

1507076688STAGE 3_ATACAMA CROSSING_DSC_6178-2_

 

 

 

 


 

 

 

 

 

荷物9.5kg+水2.5kg=12kgを背負ってスタートし、

毎日、平均してフルマラソン以上の距離を走りました。

日中の気温が40度だったため、だいぶ日に焼けています。

ところが夜になると氷点下ほどになり、

シュラフの端っこが凍っている時もありました。
世界各国から選手がエントリーしているので、

現地でのコミュニケーションは基本英語です。

僕は<チームアタカマジャパン>として

日本から9人で一緒に参加しており、

仲間の存在はたいへん大きかったですね。

 

率直に、本当に楽しかったです!

1日2回の富士山登山や高地トレーニングのかいがありました。

さらに、日本での事前準備が成功の鍵だとも思いました。

 

荷物多い、日数多い……これが砂漠のレース。

“食べる・走る・寝る”生活すべてが戦いです。

「体重の何%を脂質で」など、栄養をg単位で計算し用意。

寝る時のシュラフ、下に敷く物も慎重に考慮して選択。

現地では淡々とこなすだけでしたが、

これが見事に体調に反映できました。
トップ選手の姿勢や動作、バランス感覚などの分析。
世界レベルのランナーと一緒に走り、苦しみながら
たくさん学ばせていただきました。

 

追って、お話しさせていただきますね。
今回得たことを、多くの方々に役立てていきたいと思います。

 

【ポイント】

チリで印象的だったのは、美味しいワイン。

そして、飛行機から見えた多くの銅の鉱山。

日本から届いた応援メッセージが頑張る力になりました。

 

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第75回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m