自分の姿勢力を試しに標高3000mのアタカマ砂漠レースへ

By 仲野孝明 2017-05-01

姿勢が変わると人生が変わる

47回 : 自分の姿勢力を試しに標高3000mの砂漠レースへ

2016年サハラマラソン完走の次なる挑戦として、

今年101日から南米チリにあるアタカマ砂漠レースに行ってきます。

この砂漠は、なんと標高3000mの場所にあります。

富士山の7合目ほどでレース……これはまさしく、未知の領域。

 

移動距離は、57日で257kmです。

食べ物・飲み物・寝る物をすべて背負い(約13kg)、

毎日フルマラソンを続けます。

サハラのテントは木の枝1本にブルーシートを斜めに張った感じでしたが、

このたびは少し豪華なよう。

サイドが覆われていて風が筒抜けにならないとのウワサ()

 

標高が高いので、夜は寒く気温0度~日中は40度まで。

現在、三浦雄一郎さんが経営するミウラドルフィンズで

低酸素ルームでのトレーニングも開始しました。

JC_S0671

 

 

 

 

 

 

……想像するだに過酷なので、

「なぜですか?」とよく聞かれます。

 

答えるならば、それは

“仲間と一緒に新しいことをやってみたいから”かな。

これまでの成功体験から、

誘われたものを逃さずに乗っかってみようと思っています。

 

僕は体育の成績も5ではなかったし、

特に運動が得意ではありませんでした。

 

でも、正しい方法で、正しい順番でやっていけば

必ず結果がついてくるのではないか。

『思っているよりも体は動くよ!』という実験ですね。

 

慣れてくると、“走る”は、“歩く”の延長線。

ひとつの移動手段です。

 

実は、省エネの走り方もあります。

足の力はそんなに使わず、大切なのは体を傾けること。

前へ倒れそうになるエネルギーを足で支えます。

そうすると勝手に動き出し、楽になってくるんですよ!

歩き続けられる、走り続けられる、理想的な移動の仕方として、

中島貴裕先生にご指導いただいたチーランニングメソッドです。

 

完走を目指して頑張ります。応援いただけるとうれしいです。

 

【ポイント】

挑戦から、違うものが見えてくるかも!

体感したことを、またみなさんにお伝えできますね。

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第47回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m