姿勢を正しているのに喉が詰まる!?

By 仲野孝明 2017-06-26

姿勢が変わると人生が変わる

55回 : 姿勢を正しているのに喉が詰まる⁉

ラジオネームM.Kさんからいただいた質問にお答えします。

 

Q:
もともと猫背気味で姿勢が悪く、腰痛があります。

仲野先生に教えていただいた姿勢を心がけているのですが、

喉が詰まり、呼吸が浅く息苦しいような感覚が……。
なぜなのでしょう? ストレートネックとの関係はありますか?

 

02389bfc4a1d4adbe6350e3baf811506_s

 

 

 

 

 

 

 

A:

原因はズバリ

今まで長きにわたり“よい姿勢”をしてこなかったこと。

そのために動かない部分があり、

気道を狭くする状況になっていること。

 

喉の部分には、首の中心に背骨(頚椎7個)。
その前に気道が通っています。胸椎は12個です。

 

曲がっていた体を急に伸ばして正しく使ったものの、

戻すことのできない場所がいくつかあり、

これらの可動範囲に制限がかかっていると想像できますね。

 

<正しい首の回旋ができるか、テストしてみましょう>

  • まっすぐ正面を向いて椅子に座る。
  • 首を左に回してみる。
  • 鼻の位置が肩に重なって見えますか?

ならばおおむね90度まで回っています。

④右側も同様に回してみる。

 

いかがでしょうか。

ストレートネックは首に問題があるというよりも、

普段の使い方の癖と、極めて関連性が高いのです。

常に前、常に下、を向いて作業する人に多いもの。

 

今の状態を悪くしないために、

まっすぐの正しい姿勢をキープする意識を。

 

加えて、普段、前側で使うことの多い体を“反らせる”ように!

胸椎の可動範囲を戻すため、ポールストレッチがオススメです。

 

少しでも早い時期に、後ろ向きのカーブを取り戻しましょう。

 

【ポイント】

正しい姿勢で体を使う時間を徐々に増やそう。

胸椎と肩甲骨の動きを取り戻すストレッチを

同時に取り入れるとグッドです。

 

 

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第55回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m