呼吸:猫背は、すえる息の量を減少させる

By 仲野孝明 2016-07-15

姿勢が変わると人生が変わる

第6回 呼吸 : 猫背は、すえる息の量を減少させる

 

姿勢治療家(R)考える健康メソッド6Health

【構造】【睡眠】【食】【運動】【呼吸】【精神】。
この6Healthの中に『呼吸』が入っているところに、

姿勢治療家(R)らしさが出ていると言われることがあります。

 

普段、意識はしていませんが、

呼吸は“生きている間、片時も止まることのない”機能です。

fa291bd2b581b897d8a19c1c18aa8427_s

ところが不思議なことに、

人間だけはコントロールすることができるんですね!

自分の意志で一瞬止めたり、早さを変えることが可能です。

動物もみな呼吸をしていますが、深呼吸はしません。

 

私たちは、呼吸に意識を向けることで

体をゆるめたり、集中したり、瞑想の状態に入ることができる。

喜怒哀楽、いろいろな感情がある中で、客観的にもなれる。

 

これは僕の中でテーマになっており、

人間だけが持っているこの能力をうまく生かしたい、と思っています。

 

緊張やイライラ、興奮している場面での呼吸は、短く浅く、早い。

そんな時は、深呼吸です。

ゆっくり深く呼吸できているかの意識を持つことで

気持ちをずいぶん落ち着かせることができるのです。

 

また、呼吸のリズムを合わせてみると、相手との会話がかみ合うという話も。

まさに、“息が合う”んですね。

 

  • 正しい姿勢で、呼吸をしやすくしましょう。

 

肋骨の上はほとんどが肺。

猫背になると、胸が狭くなるために、息をすえる量が減ってしまいます。

肺のサイズ感を意識して、めいいっぱいグーーーッと吸ってみて。

 

  • 5秒吸って10秒止めて、15秒かけながらはく

 

時間を決めての作業前などに、この深呼吸を1回やってみてください。

明らかに集中力が高くなるので、効率があがりますよ。

 

【ポイント】

意識的な呼吸使いが、心身の健康の一助となる。

姿勢を正しての深呼吸、ぜひお試しを。

肺まで入ってくる空気の量の違いに驚くかもしれません。

(この記事は姿勢治療家(R)仲野孝明ラジオ 聴くだけで、体に効く。
【姿勢が変わると、人生が変わる。】第6回目エピソードを再編集したものです)

ラジオを聴きたい方は↓↓↓
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m