呼吸が深くなると、60兆個の細胞へ酸素がわたり心も体も若返る

By 仲野孝明 2015-03-10

姿勢が良くなると
深い呼吸が自然にできる。

kaiRONyPwknRQOO3ag4xf3R_Kinsey

姿勢が変わると、肺を大きくふくらませて呼吸できるようになります。
意識的に深呼吸する習慣をつけ、より健康で若い体をめざしましょう。


【呼吸が深くなると、心も体も若返る】

日ごろから、自分の呼吸を意識している人は、そう多くないでしょう。
姿勢が悪い人は、肺の圧迫で呼吸が浅くなり、体が慢性的な酸素不足に陥っています。

酸素不足といっても、息苦しいなどの症状が出るわけではありません。
しかし酸素を必要としている約60兆個の細胞は、酸素をほしがってあえいでいます。

酸素が足りないと細胞が活性を失い、
さまざまな不調の原因になるので、できるだけ深く呼吸する必要があります。

姿勢が良くなると、肺の圧迫がなくあんり、呼吸が深くなります。
酸素が十分に取り入れられ、体が若返るだけでなく、
気分的な不調からも解放されます。